-

住宅には、色々な種類があります。集合タイプや一戸建てなど、住宅の種類は様々なものです。 ところで前者の集合タイプには、主に2つあります。アパートとマンションです。どちらも複数の世帯の方々が居住している訳なのですが、両者には明確な違いが1つあります。2階建てかどうかです。 集合住宅の中には2階建てのものもあるのですが、そのタイプはアパートと表現されます。マンションではありません。 ところが3階を超えると、マンションと呼ばれるようになります。ですので2階建て以下の集合住宅はアパートであり、3階建て以上はマンションという事になります。 またマンションは、非常に階層が高いものも多く見られるものです。東京都心のエリアには、非常に20階以上の物件なども、いくつか見られます。もちろんその階層が高い物件は、アパートではありません。マンションに該当します。 マンションとアパートには色々な違いが有るのですが、その1つは2階建てか否かという訳です。

Category

リンク